支部紹介

 鳥栖・久留米支部

 支部長 門川 悦子(教士七段)


kurume sibucyou


戸山流居合道 福岡県連盟『鳥栖・久留米支部』は、佐賀県主に鳥栖市近郊と福岡県久留米市近郊の会員で構成された二県にまたがる支部です。
また、私は不束ながら福岡県連盟の中で唯一の女性支部長として務めさせて頂いております。

稽古は、鳥栖市の中心部にある「鳥栖市民体育館 諸室(剣道場)」で毎週日曜日の午後1時から3時過ぎまで実施しております。

居合道は、他の武道と異なり対戦相手と向き合い力をぶつけ合って勝敗を競い合う武道ではなく、指定された形を淡々行う武道です。従って、大きな体力も力も他の武道の経験も必要ありません。 特に、戸山流居合道は立ち技主体の居合道ですので膝に負担をかけずに修練出来ます。

支部会員は、小学生から七十歳代の老若男女の方々ですが、年齢差を感じることなく稽古に励んでおります。私が居合道を始めたのは四十歳代後半の頃でしたが、県連盟内では八十歳代で入門されて、元気に余暇を活用し稽古に励んでおられる方もおられます。

稽古は、各個人のペースで自由に参加して頂きます。『焦らず、急がず、ゆっくり』と楽しみながら、自分のパースで稽古をして頂きたいと思います。

女性会員の方は、私が責任を持って修練のお手伝いをさせて頂きます。

最近、「刀エクササイズ」とか「殺陣エクササイズ」等が女性の方方で密かなブームだとか・・・。
居合道は、ダイエット目的ではないですが、姿勢を正しくして刀を振る動作等は、兼ねて使わない所を動かしますので健康維持にも効果があると思います。

興味のある方は、稽古の日に気軽に見学にお出で下さい。共に戸山流居合道を修練される方を心待ちにしております。

稽古場所:鳥栖市宿町926番地  鳥栖市民体育館 諸室(剣道場)
     体育館管理室 電話:0942-85-3632
稽古時間:13:00~15:00

 福岡支部

 支部長 蓮實 稔(錬士五段)


fukuoka sibucyou


《福岡支部の紹介》
福岡分会の蓮實と申します。
当初は前川原支部福岡分会として発足しましたが、会員数の増加により平成26年1月より福岡支部として昇格することができました。

【稽古日】
現在の登録会員は約25名で、稽古日は以下のとおりです
① 福岡市体育館 剣道場 土曜日9:00~11:00
② 福岡市体育館 剣道場 土曜日11:00~13:00
③ 福岡市体育館 剣道場 水曜日13:00~15:00
公共施設を利用しており、他の剣、,杖道、居合団体との共同利用のため稽古スペースが非常に限られていることから、複数回の稽古時間帯を設定し稽古に励んでいます。

【稽古スケジュール】
1. 全員で肩慣らしを行います。
  正面の切り下ろし→ 左右の袈裟斬り→ 左右の水平斬り→ 燕返し
  各々20回程度前進しながら行います。
2. 全員で居合剣法を行います。
   大空斬り→半面斬り→袈裟斬り→突き→燕返し→真空斬り→
   四方斬り→正面斬り
   各々10回程度、前進後退しながら行います。
3. 基本型1~8を全員で稽古。
4. 昇段審査・大会等が予定されている場合は、そのための稽古も行います。
 以上の1~4までの稽古スケジュールの合間に個人練習を行い、初心者には別メニューでの個人指導を行います。

【ご見学を考えている方に】
稽古で重要視していることは、合理的な技の説明と生徒さんのレベルに合わせた指導を行い、きちんと技の意味合いを理解の上、稽古していただけるよう努めています。
また、稽古に参加される方は20~80代の幅広い年齢層なので、体力、技量に合わせた稽古を行っていただいておりますので、新たに入会を希望される方で、年齢を気にされている方がいらっしゃれば、年齢は入会の支障とはなりません。

技量向上のスピードには、個人差がありますが、稽古を続けることで、どの年代の方でも必ず上達します。
居合は気軽に始められる武道です。
どなたでもお気軽に見学からスタートしてください。
入会は、何度か見学し、刀を振ってみて、おもしろそうだと思われたら入会してください。
但し、他の支部道場とは違い、福岡市の公共施設のため、一人あたり一回の使用に260円必要となりますのでご了承願います。
(2時間使用の場合260円、稽古時間を2時間以上延長される場合は別途延長料金が必要となります)

 大刀洗支部

 支部長 西 裕治(錬士六段)



戸山流居合道は斬れる剣でなければならない、これがいつも私が指導の理念としているところです。
ただ斬るのではなく、人間を尊ぶ姿勢を最も重んじることが肝要と考えています。

即ち、居合道は同じ形(かた)を追求する武道ですが錬度を重ねるに連れて自然にその人の個性が現れます、それはたとえ昨日入門された方でも素晴らしい素養を持つと信じております。

そのために私達は、新しい入門者の方であってもその方が持つ良質なる個性を学ばせて頂くことを念頭に人に上下無く先生と呼ばせて頂いております。

武道に求められるのは強さだけでなく優しさも備えていなければ武道人ではないと考えます。人を尊び人に学ぶ姿勢こそがこの大刀洗支部の特徴と言えるでしょう。

私達は、毎週の練習、支部行事、 試斬会など各種行事の後の懇親会は、最高のコミュニケーションの場と して楽しい時間を過ごしております。

現在、大刀洗支部では高段者により初心者への指導を行なっております。
刀の持ち方から初心者の方でもまったく心配はありません。
大刀洗支部では、大刀洗町体育協会(福岡県三井郡)に加盟しております が、町外の方であっても入会できます。

また年齢性別関係なく、どなたでも入会を歓迎致しますので是非見学に来てください。先ずはゆっくり御覧下さい。 見てみてやれそうか、面白そうか、何回か来てみて、刀を振ってみて決めていただければ良いかと思います。


練習日時:毎週金曜日(定例練習日) 20:00~22:00

練習場所:三井郡大刀洗中学校内 武道館2階 剣道場
     (西鉄甘木線 おおぜき駅より徒歩15分)


 朝倉支部

 支部長 奥田 善行(錬士六段)


okudasennsei


朝倉支部会員は10名ですが、秋月黒田藩、福岡黒田藩の尚武の伝統に思いを馳せつつ、緊張感の中にも和気あいあいと稽古に励んでいます。

居合道は対手と直接対戦する武道ではなく、礼節を重視しつつ、対手を想定した形(カタ)と呼ばれる刀法を繰り返し稽古するものです。

戸山流は刀法(技)の組み立てが明快で、技の意味が理解しやすいことが特徴の一つと言えます。又、立ち技中心の居合ですので、膝への負担も少なく、数メーター四方のスペースがあれば庭先ででも稽古ができます。

従って、今まで刀や竹刀などをにぎった経験が無くても、いつでもどなたでも始めることができます。年齢、性別を問いません。

居合道を始める理由は、武道への憧れ、日頃の運動不足・ストレスの解消、定年退職後の健康管理、とにかく今までやったことがないことに挑戦してみたいなど様々ですがゆっくり・丁寧な指導を受け、焦らず稽古を続けて行けば、自然に心身が調えられ、護身の心得(技術)が学べ、新しい仲間との出会いが広がり、必ず「やって良かった」と思って頂けるものと確信しています。

会員一同、ご入会を心よりお待ち申し上げます。ご見学、いつでも大歓迎です。

練習場所・日時
 (1)朝倉市立十文字中学校内・武道館
    毎週・火曜日  19:00~21:00

 (2)立石コミュニティセンター(旧立石公民館)
    毎週・金曜日  18:00~19:30

連絡先
奥田善行(朝倉市頓田)
 携帯 080-1733-0375
 自宅 0946-24-3834

三浦博幸(朝倉市三奈木)
 携帯 090-9473-1879
 自宅 0946-22-6109

会費
 年間 6,000円

但し、講習会や県大会に参加する時は、別途、参加費用が必要です。

 宝珠山支部

 支部長 田中 康和(錬士五段


housyuyama


我が宝珠山は旧小石原村と平成17年3月28日に合併し東峰村となりました。
旧宝珠山村は昔は炭鉱が有った村で、昭和10年頃からは急激に村の基幹産業として発達し、村は活気の有る村でしたが昭和38年のエネルギー改革により炭鉱は閉山となりました。

その後の村の人口は減少し続け今は元の緑豊かな清流の里に戻っています。
そのような村では有るが祭り事や見所の多い所です。
春は国の重要文化財に指定された岩屋神社の春祭り、初夏は親水公園のホタル祭り、このホタル祭りは村内外からのホタル見物客が初夏の夜空に飛び交うホタルを見ながら楽しい一夜を過ごすことが出来ます。

又、7月になると高木神社の夏祭り、この祭りは木彫りの嘘(ウソ)を祭りの会場で他人と交換し合い去年の凶をうそにして今年の吉を呼び込むと言う縁起の良い催し物が有ります。

私は戸山流居合道に入会して20年、入会当時は居合道とはどんなものかも知らず入会し指導の先生に刀の持ち方、作法、足運び、姿勢と厳しく指導を受けている内に、この先この厳しい稽古について行けるだろうかと思い不安になり自退を考えたことも有りましたが、戸山流の会員の皆さんに支えられ初段、二段と昇段する事が出来、また大会にも参加させてもらい他県の剣友にも知り合えたのも戸山流の先生方や会員の皆様の支えが有ったからだと感謝しています。

宝珠山支部会員は男五名(女性1名休部中)で毎週火曜日宝珠山ほうしゅう楽舎講堂を宝珠山支部の道場として稽古をしています。
練習時間は夜の八時から十時までの二時間、会員達は八時になるとエイ、トー、エイ、トーの掛け声で居合剣法、納刀、基礎居合と昼間の仕事の疲れも見せず元気良く稽古に励んでいます。

稽古が終わると楽しく反省会もします、今思うに人生何もしなければ人との 出会い又人を知る事、己の事を知ることは少なかろうと思う。
何かをすれば人を知り、物事を知り、又苦しさ厳しさに耐えてこそ己を知り人を知り楽しさを知ることが出来ると思う。又、己を磨く事にも繋がると思う。
居合道とは何かと言う言葉があるが、居合道は他の武道と同様に日本が世界に誇る事の出来る伝統文化の一つでその原形は古来より伝わる日本刀を用いた自己防衛技術の練磨に有りと言われています。

成り守って行こうではありませんか。
皆様のご入会を心よりお待ちしています。

<福岡県東峰村 宝珠山支部>

 練習日時:毎週火曜日 20:00~22:00
 練習場所:東峰村大字宝珠山  ほうしゅう楽舎 講堂
 交通手段:東峰村大行司駅より筑前岩屋駅方面へ車で10分
       筑前岩屋駅より車で3分

 見学、体験練習も可能です

 連絡先:福岡県連広報部 山口宛 090-1367-1737

 北九州・遠賀支部

 支部長 佐伯 正男(四段)


kitakyusyu


北九州・遠賀支部のご紹介

 北九州遠賀支部は、平成17年1月に福岡県連盟前川原支部から、県連盟組織拡充の一環として、県連盟理事長の大野正信先生が北九州市に転勤されたのを機会に誕生した支部です。

初代大野支部長の人間性豊かな実直な人柄により、支部会員数は16名となり、会員の職業年齢も多岐にわたり、いろんな会話を楽しむことができ、なごやかな明るい雰囲気で充実しております。
 戸山流居合道は、立ち技が主体で、老若男女を問わず自分の体力に応じて練習が可能なので、心身鍛錬にもってこいの武道ではないでしょうか、どなたでもすぐに始められます。
先ずはご見学下さい。いつでも大歓迎です。
 会員一同心からご連絡お待ち申し上げます。

          北九州・遠賀支部長 佐伯 正男 携帯 090-7457-3458

     場所:遠賀郡岡垣町 海老津区公民館(鹿児島本線海老津駅から徒歩15分)
     日時:毎週金曜日 19:00~21:00

     場所:遠賀郡岡垣町 岡垣町武道館2階剣道場
(詳しくは090-1367-1737県連広報部まで)

北九州・遠賀支部の様子をブログにて紹介してます。
気になる方は下記をクリックして下さい。

 鹿児島支部

 支部長 有村 長蔵(錬士六段)




<練習日程>
 練習日時:毎週金曜日 19:00~21:00
 練習場所:霧島市富隈公民館
 連絡先:福岡県連広報部 山口宛 090-1367-1737

支部紹介

鹿児島支部は、平成11年8月から福岡県連前川原支部(久留米市)の一分会であったものが、会員増加に伴い、平成18年1月に鹿児島支部として誕生したものです。

現在、支部長以下13名で練習に励んでいます。会員の職業、年齢も多岐で、最高齢は70歳です。

練習は毎週月曜日に自衛隊国分駐屯地の体育館で、和気藹々の中に「礼節」を重んじた「斬れる剣」を目標に練習しています。

どなたでもすぐに始められる武道です。 経験・年齢・性別は問いません、道具も逐次揃えれば良いと思います、先ずご見学下さい、御連絡をお待ちしております。

「居合の奥深さと素晴らしい方々との出会いがあります

 田主丸支部

 支部長 善 道人(錬士六段)


平成17年7月より久留米市田主丸町の伝統ある「武徳館」を練習会場として田主丸支部を立ち上げ、ようやく1年を迎えます。
  私は、大刀洗支部にて居合道と出会い、十数年の練習を重ね多くの先輩方や先生方から温かいご指導・ご支援を頂き現在は錬士五段となり更に審判員の資格を取得することができました。

  そこで、田主丸支部では戸山流居合道の素晴らしさを同じ目的をもった同士と真剣な練習を重ねることで味わうと伴に、地域の人々にも広く居合道の楽しさを知ってもらいたいと思い活動しています。

  練習内容としては、基本動作の再確認を行ないつつ、反復練習を重ねています。
  大刀洗支部の先生方にもご指導・ご支援を仰いでいます。
  さらに居合道修練の目的とする心身の鍛錬、社会人としての人格形成、道徳心の向上等はもとより、明るく・楽しく・健康にを信条として、これからの練習に励んでいきたいと思います。


      <練習日程>
        毎週水曜日 19:30~21:30
久留米市田主丸町武徳館 剣道場

連絡先:福岡県連広報部 山口宛 090-1367-1737 

 小郡支部

 支部長 河本 裕良(錬士五段)


ogourisibu


小郡支部は、縁あって居合道を始められた方との出会いを大切に、お互いの人格を尊重し「和」と「協調」を重視して、融和親睦を図ることを心掛けています。
近年日本は、日本人の良き心の伝統を失いつつあるのではないかと憂慮しています。
 古来武道は、心・技・体の一致を重視していました。居合道はその精神を向上させるのに適している武道の一つだと思っています。居合の練習を通じて、謙虚・友愛・節度・礼節・協調等の精神を磨き自己を高めると共に、己の技を自己研鑽して、精神的・肉体的にも充実した日々を送りたいものです。
 居合は、年齢・性別・経験に関係なく自分に適した内容で出来ます。また、直接相手と対戦することが無いので、さほどの体力も必要なく、怪我の心配もありません。
練習は、模擬刀と羽織袴があればできます。道具を揃えるのにさほど負担にならないと思います。
初心者の方は、羽織袴の着方・刀の差し方・刀の握り方・刀の振り方から始めます。
 その後、段階的に1から8までの基本形を覚え、それを反復練習していきます。
 技量に応じて段位を取得することができます。また、各種大会(福岡県大会・九州大会・全国大会)にも参加しています。
さらに、対外的な行事の協力も積極的に行っています。8月6日大原合戦650周年灯明祭のイベントで居合演武・試斬を展示し、大変感謝をして頂きました。
当支部は正式に平成21年1月に発足し、会員数は現在6名で全員男性ですが、それぞれの先生は優しく、懇切丁寧に指導します。
興味のある方は、気楽な気持ちで一度見学に来られてはいかがでしょうか。
そしてぜひ入会をされて、一緒に良い汗をかき、肉体に活力を与え、日頃のストレスを発散しようではありませんか。

 練習日程・場所
日程:毎週火曜日 20:00~21:30
場所:小郡小学校 体育館
   (福岡県小郡市小坂井288:西鉄小郡駅から徒歩で約10分、祇園神社前)
連絡先:090-4982-3184(支部長携帯)